5-69.とじ方(表目1段ごとのすくいとじ)

5-69.とじ方 表目1段ごとのすくいとじ

編み地の段と段をつなぎ合わせることを[とじる]といいます。

極太以上の太い糸で編んだ場合に、とじ代が厚くならないように、端から半目はいった位置の横糸を1段ずつすくってとじる方法です。