5-62.はぎ方(メリヤスはぎ)② 片方の目を伏せ止めにした場合

5-62.はぎ方 メリヤスはぎ 片方の目を伏せ止めにした場合

編地の目と目をつなぎあわせることを[はぎ]といいます。目と段の場合もあります。
糸端を残しておき、その糸ではぎ合わせましょう。 
片方を伏せ目にしてあるので、編み目が伸びず、はぎ目もメリヤス同様に目立ちません。

①の裏から針を出して、①’の裏から表にだし、①の目に戻って表から針を入れ、②の裏から表に出します。

伏せ止めしてある方は、左図のように①’・②’の目をV字の形ですくいます。
1・2を繰り返します。