5-50.減らし目・伏せ目(端2目以上)表側

5-50.端2目以上の減らし目 (伏せ目) 表側で減らす場合

衿ぐり・袖ぐり・袖山のように、2目以上減らす場合に使う、目を伏せていく編み方です。
編み糸が続いている方でするので、右側は表目の段、左側は裏目の段で伏せます。
(左右減らす場合は左右で1段ずれます。)

右端の目をすべり目にして、次の目を編みます。

すべり目にした目に左針を入れます。

2の矢印のようにすべり目をした目をかぶせます。

 

 

次からは1目編んでは右針にかかった目を2・3の要領でかぶせます。

必要目数を伏せます。