5-42.減らし目(端1目立てる減らし目) 表編み始め側

5-42.端1目立てる減らし目 表メリヤス編みを表面に使う場合 編み始め側

編み地の端や中で、現在棒針にかかっている目数より少なくする事を[減らし目]といいます。
脇・衿ぐり・袖ぐり・袖山・袖下になどに使う方法で、端の目が1目立った一般的な減らし方です。

端の目を編まないで右針にうつします。(すべらせる)

次の目を編みます。すべらした端の目に左針を入れます。

2の矢印の目をかぶせます。